医療法人社団 健育会グループ 採用特設サイト

健育会 65週年 1953-2018 Vision & Work Together!

どんな不安も相談できる
先輩がいる。

竹川病院作業療法士(OT)N.T.さん
2017年入職・新卒
子どもの頃から創作活動が大好き。そのような背景から職業として「好きな作業を通して患者さんを元気にする」という作業療法に興味を持った。就職をきっかけに北海道から上京して1年。先輩や同僚に恵まれて、充実の日々を過ごす。
作業療法士(OT) N.T.

頼りがいある先輩に恵まれてる

就職活動中、いくつかの病院に見学に行ったのですが、竹川病院に見学にきたときには、開放的なリハ室とスタッフの明るさがとても印象的でした。説明会で先輩とお話ししたときにも相談しやすい雰囲気で安心感を感じ、「あー、ここで働きたい!」と思ったんです。
今、入職して1年が経ち、その時の選択は間違いなかったと思います。竹川病院には、プリセプター制度があり、先輩がマンツーマンで様々なことを教えてくれます。入職当初は社会人としてもセラピストとしても不安だらけだったのですが、仕事のことはもちろん、それ以外でも色々な場面で助けていただいています。今は「この竹川病院に入職してよかったなぁ」と心から思っています。

頼りがいある先輩に恵まれてる

患者さんの娘さんから頂いた、
感謝の言葉

ちょうど先ほど、担当させていただいた患者さんが退院だったんです。もともと脳出血を発症されて、転院時は廃用症候群の症状も見られるような状態でした。わたしは担当の作業療法士として「どうしたら患者さんに楽しんでいただけるか」ということを一生懸命考えて、試行錯誤しながらリハビリを行なっていました。そうするうちに、患者さんの自発性が少しずつ向上し、患者さん自ら進んで作業を行っていただけるようになっていったんです。退院時には娘さんから「本当に、竹川病院に入院させてよかったです」と涙を流しながら仰っていただくことができました。このようなお言葉をいただき、作業療法士としてのやりがいを感じています。

患者さんの娘さんから頂いた、感謝の言葉

悔いのないリハビリを提供したい

就職して丸1年が経ち、先輩にも恵まれてたくさんのことを学ばせていただきましたが、まだまだ経験は浅く不安なこともたくさんあります。でも竹川病院では、一人の患者さんをチームで担当をさせていただくので、そんな不安も先輩や仲間にサポートしてもらうことで、乗り切ることができると感じています。
これから担当させていただく患者さんには、患者さん自身も、担当した私も「ここまでやりきったぞ」と思えるような悔いのないリハビリを提供して、退院していただけるようになりたいと思っています。そんなリハビリを提供できるセラピストになるのが、今の私の目標です。

悔いのないリハビリを提供したい

応募してくださる方への
メッセージ

初めて社会人になるということで不安も多いと思いますが、どんな不安も相談できる先輩がこの竹川病院にはたくさんいます。また勉強の機会もとても多く、「成長したい」「もっと勉強したい」という方にはぴったりの、とてもいい病院だと思います。

情報は取材当時のものです。